サラリーマンが会社に着ていく服

サラリーマンが会社に着ていく服としては一般的にスーツが連想されやすいのですが、最近は私服でもいいというところが増えてきているのでスーツ以外にも多様化してきているんです。

 

そんなサラリーマンが会社に着ていく服としては、シンプルにTシャツやカットソーにジャケットを羽織ったスタイルなどが清潔感もあっておすすめです。特に中に身につけるTシャツやカットソーは無地のもので大人の男性を演出することが出来ますし、丈の短いものにしておけばだらしない印象を払拭することができるのでカッコイイ大人の男性のスタイルにできます。
夏場であればポロシャツ1枚でシンプルに着こなすと言うのもいいですし、その上からざっくりとした麻や伸縮性のある綿ジャケットを羽織っておけば雨で気温が下がった時にもすぐに身につけることが出来るのでおすすめです。逆に冬場の場合はスーツの中にカーディガンを羽織っておくと言うのもひとつのおしゃれを演出出来ますし、定番のトレンチコートを身につけておけば春先まで対応することができます。

 

なので基本的にシンプルかつ清潔感のあるスタイルならば会社に着ていく服としても違和感がないですし、丈が長くなりすぎないようにすればサラリーマンらしいきっちり感も出すことが出来るのではないかと思います。